ワークショップ(がんゲノムおよび再生医療)ファシリテーター募集

December 26, 2017

 

以下,3件のワークショップ(がんゲノムおよび再生医療)について,テーブルファシリテーターを募集しています.

ご興味ご関心をお持ちの方がおられましたら,ぜひご応募ください!

====
【募集内容】
職務 下記の3つのワークショップのいずれかにおいて、5、6人の小グループに分かれて行う対話を支援・記録したり(テーブル・ファシリテーター)、全体での対話等においてメイン・ファシリテーターの支援を行う(メイン・ファシリテーター補助)
募集人数 それぞれ4名程度
応募資格 ファシリテーションに興味のある方
報酬 それぞれ15,000円(税込)
交通費  それぞれ一律2,000円
応募方法 下記の応募フォームをcontact@scri.co.jpへ送付
選考方法 応募フォームによる書類審査と面接(20分程度、Skypeまたは科学コミュニケーション研究所にて)
締め切り 2018年1月12日(金)
 
【募集を行うワークショップ】
1)聞イテミル・考エテミル!?がん研究の今と未来~ゲノムデータの共有って何のため?
日時 2018年1月20日(土) 13時~17時(集合11時、解散18時)
場所 ハービスPLAZA 5階(大阪・梅田)
主催
「ゲノム解析の革新に対応した患者中心主義ELSIの構築」(代表 武藤香織)
「責任ある研究・イノベーションの実現に向けた日本の研究者と疾患当事者の関係構築」(代表 東島仁)
目的 がん研究に関するゲノム情報の利用や共有のあり方について、懸念や論点を幅広く抽出すること。
概要 専門家3名による情報提供を行った後、患者を含む当事者、関心の高い市民を交えて対話を行う。
 
2)「患者・社会と考える再生医療」~「再生医療の研究をめぐる情報」について、みんなで考えてみませんか?(東京会場)
日時 2018年1月21日(日) 10時~16時(集合9時、解散17時)
場所 日本橋ライフサイエンスハブ(東京・三越前)
主催 日本再生医療学会
目的 再生医療について、患者等の当事者がよりよく選び、よりよく決めるための情報提供や発信のあり方について、懸念や論点を幅広く抽出すること。
概要 専門家3名による情報提供を行った後、患者を含む当事者、関心の高い市民を交えて対話を行う。
https://nc.jsrm.jp/news/「患者・社会と考える再生医療」~「再生医療の/

3)「患者・社会と考える再生医療」~「再生医療の研究をめぐる情報」について、みんなで考えてみませんか?(大阪会場)
日時 2018年1月28日(日) 10時~16時(集合9時、解散17時)
場所 新大阪ブリックビル(大阪・新大阪)
主催 日本再生医療学会
目的 再生医療について、患者等の当事者がよりよく選び、よりよく決めるための情報提供や発信のあり方について、懸念や論点を幅広く抽出すること。
概要 専門家3名による情報提供を行った後、患者を含む当事者、関心の高い市民を交えて対話を行う。
https://nc.jsrm.jp/news/「患者・社会と考える再生医療」~「再生医療の/

【応募フォーム】
氏名(ふりがな)
所属
年齢
希望するワークショップ(上記1~3の番号をお知らせ下さい。複数可)
ワークショップに関する経験
連絡先
 住所
 e-mail
 電話
その他(質問、要望など)
 
【お問い合わせ】
科学コミュニケーション研究所 対話支援ユニット
e-mail contact@scri.co.jp
電話 045-517-4090
http://scri.co.jp/
====

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

科学夜話@喫茶岐れ路「コミュニケーション研究への招待」(1/11)

December 16, 2018

1/8
Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ